トップ «前の日記(2004-11-28) 最新 次の日記(2004-12-09)» 編集

人徳ゼロ日記


2004-11-29

_ uim conference

uim conferenceに行って来ました。UNIXでの日本語入力は、emacs + SKKに落ち着いてから何も変えていなかったので、最新の動向を知りたくて行きました。

UNIX上でWindowsの文字入力っぽく使うにはuim+Anthyかな。

文字入力のフレームワークが乱立気味でソフトを書く側からすると選択が難しいです。国際化の理念はさておき、当面何を使ってソフトを書けば実用的な範囲で日中韓の文字入力ができるかと言えば、SCIMを使っておけば良い、という結論に私の中では至りました。あくまでuim conferenceで聞いた範囲の判断で、APIは見てません。

プレエディットが地味に面倒、という話がでていましたが、よく分かります。BTRON3規格のテキスト入力プリミティブ(TIP)だとプレエディットはアプリ側が行うことになっていて、アプリ作成が面倒です。というか、日本語固有の処理がアプリに入ってしまうのがかなりイヤな感じ。