トップ 最新 追記

人徳ゼロ日記


2005-06-01

_ SapidとNRIの共同研究

Strutsのstruts-conf.xmlのような、XML定義ファイルを使う機会は多いです。プログラムを変えずに動作をかえられるので柔軟性が高くて良いのですが、文字列のマッチングなので綴り間違いがあると動かなくなってしまいます。せっかくJavaではコンパイル時にチェックができるのに、動かさないと分からないのでは、ちょっとした間違いに気づかないことがあって不便です。

ちょっと前に異言語プログラム間の整合性チェックの自動化に成功というニューズリリースが出ていました。SapidオブジェクトワークスでJavaソースとXML設定ファイルの整合チェックをできるようにしたそうです。良さそう。つまらないミスは自動で防ぎたいですからね。

「Sapid for Java」ってJapidのこと? メインで関わっていた人がドクターを卒業してから開発が停滞していたと思っていたけど進んでいるのか。「Sapid for JSP」なんていうものができたのですか。Sapidのディストリビューションに含まれていない気がするのですが、野村総研以外は自由に使えないのかな。

最近の流れだと、EJB3、Seasar2、Ruby on Railsのように、設定ファイルを極力減らしていく傾向にあるので、不整合に気をつけないといけないことは減っていくのだと思います。あと、Javaのソースコード解析だと、がんばって作るより、Eclipseのリポジトリを利用した方がよさそうに思うのですが、どうなんでしょう。情報量がJapidより少ないのかな?


2005-06-02

_ 仙人草発注

3月に書いた、仙人草で扁桃炎が直るらしいですが、仙人草の苗を発注してしまいました。(写真の出展: 「季節の花 300」 http://www.hana300.com)

相変わらずちょくちょく扁桃炎になってしまうので、どうにかしたいという思いは強いのですが、いきなり水ぶくれを作る勇気がないので、とりあえずは普通にクレマチスの花として育ててみます。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ �⥢ [�Ĥä��ߤǤϤʤ��ΤǤ��������� ���������٨������μ��Ť˻��Ѥ������� õ��..]

_ hidetosi [�Τ��ˡ��������դβֲ�����Ǥ���äƤޤ���͡���ϥ�ե�����õ�����㤤�ޤ������..]


2005-06-04

_ Monadius - Haskellでシューティングゲーム

Haskellで書いたシューティングゲームだって。Monadius すげー。OpenGLを使っているんだって。

汎用の言語なので書こうと思えば何でも作れるのは確かですが、参考にする資料があまりない言語で作ろうと決断してやりきる所がすごい。

私もHaskellで作りたくなりましたよ。いままでHaskellは簡単なテストプログラムしか書いていないから、訓練が必要ですな。Haskellでモナド使ってI/Oのあるプログラムを書いていると、普通の手続き型言語と同じになってしまうのが気持ち悪いのですが、そういうことを気にせずがんがん作るのが重要なんでしょうね。


2005-06-05

_ Haskellで行番号付与テキストフィルタ

HaskellでちょっとしたI/Oを伴うプログラムを書いてみました。標準入力からテキストを入力し、行番号を行の先頭につけて、標準出力に書きます。コマンドライン引数に行番号の桁数を指定します。

module Main where
import Numeric
import System
main = do
         [numStr] <- getArgs
         input <- getContents
	 putStr (unlines (addLineNum (lines input)
                                     (read numStr)
                                     0))
addLineNum :: [String] -> Int -> Int -> [String]
addLineNum [] _ _ = []
addLineNum (l:ls) numSize num =
          ( (right numSize (show num)) ++ ": " ++ l ) :
          addLineNum ls numSize (num + 1)
right :: Int -> String -> String
right _ [] = []
right s list = let l = s - (length list)
               in
                   if 0 <= l then  (replicate l ' ') ++ list
                   else            drop (- l) list
こんな程度しかまだ作れません。結構時間かかっちゃったな。

2005-06-07

_ 仙人草届いた

仙人草 家にあった鉢に植えてみました。つるが長くなりそうなので、去年のあさがおに使った支柱をつけてみています。ちゃんと育つかな。
本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

_ ������ůͺ [���פ��֤�Ǥ�����ä��Ѥ�ڤ��ߤˤ��Ƥ��ޤ��� http://www.geocities.jp/..]


2005-06-19

_ コメントスパム対策追加

以前に「コメントスパム増えてきた」で書いたように、対策を1つ入れていたのですが、それを乗り越える書き込みが出てきたので、少し対策を追加してみました。

これでもまた乗り越えてくるのが出て来るんだろうな。ネットワーク経由で何らかの情報が届く、あらゆるところでウィルスとスパムが来る可能性があると考えた方がよいですね。今後は組み込みスパムフィルタアプライアンスなんて流行るかもしれない。

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

_ tach [�����Ϥ��Ĥ��줵�ޤǤ����� �ǡ��к��äƤɤ�ʤΤǤ��硼^^]

_ tach [�äơ����Υ����å��ܥå������ġ�]

_ hidetosi [�����Ǥ����ͼ��𤹤褦�ˤ��ޤ��������comment key������Ƥޤ��� ���Τ���..]


2005-06-29

_ UNL(Universal Networking Language)

私は英語があまり得意ではなく、コンピュータ関係の専門書なら一応読めるけれども書けない聞けないしゃべれない、という状態です。少しでもまともな英文が書けるように、道具の力をうまく使って補助できないか、と前から考えていました。4年前の日記エントリ機械翻訳の中間言語に書いたように、情報工学の力を活用した曖昧さの少ない機械処理しやすい中間言語で文書を書けば、複数言語に翻訳しやすいのではないか、と考えています。

最近、UNL(Universal Networking Language)という翻訳用の中間言語があることを知りました。国連大学が開発を進めています。UNLを開発しているUNDLのページ仕様書(英語)仕様書(日本語)

いやー、ほんとこういうのが欲しかったのですよ。今すぐにでも使いたいです。ツール類があるようですが、研究関係者しかアクセスできないようになってました。残念。オープンソースなら良かったのに。

この手の自然言語ものは語彙が重要なのですが、UW(Universal Word)という語彙表現の規格と基本語彙が定義してあるようです(まだよく分かっていない)。

なお、UNLとUMLは字面が似てますが関係ないです。