トップ «前の日記(2006-03-05) 最新 次の日記(2006-03-12)» 編集

人徳ゼロ日記


2006-03-06

_ Linux Zaurus SL-C760がスリープから戻らなくなる現象と解決法

Zaurus SL-C760の電源ボタン横にあるレバーが左側に寄ったままLinux Zaurus SL-C760をつかっているのですが、最近スリープからもどらなくなるようになってしまっていました。前に(というかちょくちょく)あったのが、しばらく充電せず放置していると電池が放電しきって電源が入らなくなり、充電後に電源を入れると再起動状態で日付が狂っていた、という事象でした。しかし、今回は充電したばかりでも発生するのです。以下、事象:

  • 電源ボタンを押してスリープ状態にし、再度電源ボタンをおしても復帰しない。
  • 一度この状態になると、電池を外してリセットしないと復活しない。復活した後はしばらくスリープから復活できることもあるが、リセット直後でもスリープにして戻らなくなることもある。
  • 電源が入らなくなっている期間分、時刻が遅れる。
  • サブ電池が切れたかと思ったが、サブ電池を入れ替える機構がない。そもそも存在しないのか、分解しないと交換できないか、よくわからない。
  • 普段入れっぱなしにしているコンパクトフラッシュとSDカードが壊れかけていて、スリープ復帰時に再マウントができないのではないかと疑ったが、コンパクトフラッシュとSDカード外してもスリープから復帰しないのはかわらない。

いろいろ試してもどうしようもなくて、もうW-ZERO3に乗り換えようか、と思った矢先、電源ボタン横にあるレバーが左側に寄ったままになっているのを発見!レバーが左側だけぐらぐらになっていて、左に入ったままになりやすくなっていました。真ん中に戻して電源を押すと、見事にスリープから復帰するようになりました。こんなことだったのか。

レバーが入ったままでスリープから復帰できなくなったり、時刻が遅れるのはどうにかしてほしいと思いました。レバーはほとんど使わないからテープで固定しておこうかな?