トップ 最新 追記

人徳ゼロ日記


2006-05-04

_ 個人的Todo管理はリング型横開き小型メモ帳とミニボールペンを使っている

個人のTodo管理には、小さなメモ帳を使っています。過去にはPalm(IBM Workpad)を使っていた時期もありましたが、入力に時間がかかるのでやめて、手書きのメモ帳にしています。私の工夫はこんな感じです。リング型横開き小型メモ帳とミニボールペン

  • 胸ポケットに入る大きさ: いつでも手元にあって、気になったことはすぐに書き込めるようにしたいので、胸ポケットに入る大きさにしていつも身に付けています。こうすれば手ぶらで歩き回っていてもメモ帳を忘れることはありません。これは私にとって効果絶大でした。
  • リング型横開きメモ帳にする: 縦開きは開いたときに長くなりすぎて一覧性が下がるので個人的には好きではありません。横開きだと開いてもぱっと全体が目に入るので良いです。
  • リング型メモ帳にする: リング型だと180度に開くだけではなく、360度開ききって特定ページを表に出せるのが便利です。電車で立っている状態でメモを書く場合、開ききって片手で持つとちょうど良いので書きやすいです。あと、リングの所にボールペンを刺して使えます。
  • ミニボールペン: ミニボールペンメモ帳の縦と同じ長さのボールペンをリングの部分に刺して持ち歩きます。こうすれば邪魔にならずいつでもペンが使えます。
  • ゴムをしおり代わりにつかう: 使っているメモ帳はゴムで閉じられるようになってます。これをしおり代わりに使ってます。今日のページがすぱっと一発で開くのはなかなか便利です。

メモの使い方はこんな風に工夫してます。

  • メモ帳開いた姿1ページ1テーマ、時系列、上部に日付を入れる: 変に情報生理を考えず、時系列に書き足して行きます。1、2行しか書かない場合でも1ページ使ってしまいます。日付があると後で読む時に探しやすくなります。時間が書いてあると、書いたときの感覚を思い出しやすいのですよ。
  • Todoは2,3日に1回くらいのペースで全部新規に書き出す: やることを思い出しながら前のページを参照しながら書き出します。面倒でも毎回書き出すことでレビュー効果があります。ああ、やんないといけないなぁ、と思い出させてくれます。
  • 時々メモ帳全体を読み返す: 週に1回くらいメモ帳を読み返して、前にやろうとしていたことが今どうなっているのか振り返ります。意外と過去のアイデアが新鮮に感じて、「前の自分ってなかなか良いこと考えてるやん」と気がつくことが多いです。レビューするのがなかなか楽しいですね。

かれこれ4年くらい、いろいろ小型メモを試してきて、このスタイルに落ち着きました。小型メモ探しが半分趣味のようになって、雑貨屋さんに行くと必ずメモ帳を探しています。


2006-05-05

_ Google AdSense始めてみた。アクセス解析目的に便利かも。

今まで、Web広告やらアフィリエイトやらは全然興味がなく、いっさい手を触れてきませんでした。仕事でWeb広告を出す側になりそうなので、試しにどんなものかGoogle AdSenseの広告を自分のページに入れてみました。

申請したら1日で登録完了のメールが届きました。ウィザードで広告用Javascript断片生成できるので、それをHTMLに埋め込んだだけで完了でした。簡単ですね。

tDiaryはPllug-Inもあるようですが、とりあえず試しにフッタに入れてみました。宣伝効果を考えると、一番最初の記事のすぐ下くらいが良さそうですが、これは追々実験します。といいますか、このページで宣伝効果を考えても全然意味がないですが、ものは試しということで。

AdSenseのレポートページを見るとページビューとクリック回数が見られます。今まで、アクセス解析はAWStatsを入れてapacheログをみていたのですが、リファラースパムやコメントスパムや検索ロボットがやたらに多くて、正確なアクセス数はよくわかっていませんでした。わかっているのは検索ワードくらいでしたね。AdSenseのレポートだとさすがに正確です。はじめからわかっていたことですが、アクセス数が少ないことが明確な数字でわかりました。AWStatsの「ページ」(いわゆるページビュー数)から比べると1/10くらいになります。9割がスパムとロボットなんでしょうね。


2006-05-06

_ chillichillyの反射するカップアンドソーサを買った

chillichillyのカップアンドソーサ前から欲しかった、chillichillyのカップアンドソーサを買いました。これは、お皿が光を反射するようになっていて、カップの模様が映り込むようになってます。お皿にトンボの絵が1つ描いてあるので、蓮の池のなかにトンボがいるように見えるのです。

半年以上前から欲しかったのですが、なかなか買う機会に恵まれませんでした。ネット通販で買ってしまえば良いのですが、現物が見たかったので結構右往左往してしまいました。

以前、渋谷パルコPart2にあるarnotというお店で反射するのがお皿ではなくカップの商品を見かけたことがあります。そのとき、お店の店員さんに「逆でお皿が反射するものありませんか?」と聞いたところ、ないとのこと。いろいろ食い下がっても親切に答えてくれて、この手の商品がありそうな近くの雑貨屋さんを紹介してくれたのでした。残念ながらその店にもありませんでした。

その後、麻布十番のHarbee'sという店で売っているという情報を発見して買いに行ったら、なんと改装中でまたもや買えませんでした。その後しばらく忘れていたのですが、渋谷に行く機会があって再度arnotを覗いたら、おいてあるではないですか!やった! もしかしたら、私がいろいろ食いついて聞いたから入荷したのかな?と勝手に想像してしまっています。

arnotの店員さんは雑貨が好きで雑貨屋の仕事をしているのでしょうね。私の会社だと特に好きでもないが生活のためにしょうがなくやっている人が多いので、仕事に愛が感じられず何事もほどほどで面倒なことはやらない、新しいこともやらない、というパターンが多く個人的には非常に物足りなく思っているのです。こういう風に好きで仕事をやってます、というのがお客から見るととても魅力的に感じます。

chillichillyのカップアンドソーサの箱この手の食器には珍しく、箱も凝ってました。普通、特に箱はなくて、お店でお手製の梱包しますよね。

chillichilly(チリチリ) Camouflage カップ&ソーサー ドラゴンフライ


2006-05-08

_ 最近の自作パソコン系のはやりはeSATA外付けディスクアレイと安価NASか

自作パソコンのような機械いじりをしなくなってはや5,6年経つので、すっかり最近のはやりがわからなくなっていました。仕事で機械レベルをいじる機会がでてきたので、久しぶりに秋葉原のパーツ屋で偵察をしてみました。

やたらと目にしたのが、eSATAで接続する、外付けディスクアレイです。3,4台のハードディスクが入って2万円くらいが多かったです。コンシュマー品レベルにもついにRAIDがおりてきた、というところですか。RAID機能は当然ないので、コンピュータ側のSATAコントローラでRAID機能があるものを使うか、ソフトウェアRAIDですね。

あと、IO-DATAのLANDISKとバッファローのLinkStation, TeraStation TeraStationがやたらと店頭に積み上がっていたのが気になりました。LANはさすがに当たり前になってきたので、ディスク代+αで気軽に容量増設ができるのが良いのでしょうね。

アプライアンスというと、TeraStationのようなものを思い浮かべるのが普通なんでしょうね。アプライアンスといいつつ、普通のサーバタイプの筐体が来たら嫌な人が多いのかな?


2006-05-12

_ haproxyはTCPコネクションを絞る用途に適切なスペックを持っているので試す価値あり

以前の日記記事Perlbal使ってみたで紹介したPerlbalと同じような性質を持つ、別なリバースプロキシソフトHAProxyがあります。半年くらい前からチェックはしつつも全く触ってません。

フィーチャーとしては、私が欲しい機能がばっちりです。

  • 大量TCPコネクションが取り扱えるように、Linuxではepoll()でコネクションをさばく。
  • keepalivedを使って、VRRPで冗長化できる。
  • L7スイッチのsticky機能のように、クッキー追加ができクッキーの中身で裏のWebサーバを固定にできる。
  • 裏のWebサーバへのコネクションをしぼれるように見える。

実験する価値ありです。時間があればぜひともやりたい。仕事で検証できるように、何人かにけしかけているけど、なかなか実現できないです。


2006-05-15

_ アプライアンスを自作する時にLCDパネルを制御するにはLCDprocが使えそう

先週の記事「最近の自作パソコン系のはやりはeSATA外付けディスクアレイと安価NASか」の続き。自作パソコンの延長でルータ専用機だとかNASのようなアプライアンスサーバを作る場合、当然ディスプレイとキーボードはつなげたくありません。5インチベイに入るLCDパネルが欲しくなります。

ClystalFontzいろいろ調べていたら、Linux/BSD用にLCDprocというLCDパネルの制御ライブラリがあることがわかりました。シリアル接続と、USB接続の2種類があるようです。使用できるパネルの中ではCrystalFontzというパネルがメジャーそうです。

ハードは全くやってこなかったのでよくわかっていないのですが、こういう部品はどこで買えるのでしょうか。秋葉原のパーツ屋では見たことがないです。インターネットで直輸入しかないのかな? この手のパネルが使ってある製品はよく見かけるけど、ハードメーカはどうやって調達しているのでしょうか?そのくらい簡単に自作してしまうのだろうか? 謎だ。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ tach [���ꥢ�륳�󥽡�����ɤ��ΤǤϡ��Ȥ����ĥå��ߤ�̵�����ʤ��������ǥ����ץ쥤�ȥ��..]

_ hidetosi [��ʬ�������Ĥ����ʤ饷�ꥢ�륳�󥽡���Ǥ�����ʤ��Ǥ�����Unix�������ˤ��ޤ�ܤ..]


2006-05-17

_ NanoBSDみたいにシステムイメージを生成してインストールする形式はもっと多用すべきではないか

MyCOMの記事BSDCon 2006 Canada/FreeBSD developer summit - 新malloc(3)実装 jemalloc/NanoBSDアプライアンス/Distributed VCSで初めてNanoBSDを知りました。FreeBSDの一種で、コンパクトフラッシュにインストールするのがちょうど良いようにシステムイメージを生成する仕組みです。

別に組み込みシステムのみではなく、通常のサーバでもこういうようにシステムイメージを入れ替える形式で動作する仕組みが一般的になっても良いのではないのか、と思いました。リードオンリーにしてクラックに強くする(完全に防げる訳ではない)こともできるし、部分的に入れ替えてしまってシステム全体がおかしくなる可能性も少なくなります。修正、コンパイル、インストール、テストを細かく繰り返す開発環境でなければ同じサーバでコンパイルできる必要もないでしょう。Xenのような仮想化が広まれば、同じサーバの中で開発環境と実行イメージが両方のせられて扱いやすいです。よけいなパッケージが入らないので小さく作ることもできそうです。入れ替えに再起動が必要なのが問題ですが、ネットワーク機器のように2台で冗長化が当たり前にして実行しながら入れ替えできるようにする方法があります。

なかなか面白そう。


2006-05-20

_ ソースネクストが安い会計ソフトを出した

やたらと安いソフトを出しまくっているソースネクストから、会計ソフトが出ました。会計上々 START。1980円とは、会計ソフトとしてはすごく安いです。

会計は全然わからないので、これで十分なのか、足りないのか、全く判断がつきません。良く聞くのは、頼んでいる税理士が指定してくるソフトを使うことがほとんどだ、という話です。だとすると、使う会社は限られるんでしょうね。

オープンソースでも会計ソフトはあるようですが、日本向けは見かけませんね。オープンソースに関わっている人が技術者ばかりで、会計ソフトが必要に感じるような仕事についていないからオープンソースの会計ソフトを見かけないのかもしれません。海外と日本で会計制度が違いますが、統一が進んでいるようなので(よくわかっていないので新聞の受け売り)、海外の会計オープンソースソフトも使えるようになるのかもしれません。


2006-05-21

_ AWStatsを6.5バージョンアップした

長らく検索語が文字化けしたまま放置していたAWStatsですが、問題を修正してついでにバージョンアップしました。やったこと:

  • AWStats 6.5完全日本語版にアップデート
  • 解析対応OSに「Chokanji/B-right/V」を追加
  • 2001年からの過去ログを解析にかける。Celeron300MHzでは遅くて、半日くらいかかりました。
  • CGIでの動的生成の設定の追加。いままでcronで静的ページ生成しかしてませんでしたが、過去の年の解析結果を見たかったので、追加しました。

ログ解析結果をみて思ったこと:

  • 検索語を見ると、「スーパーカブ」「JasperReports」「XPlanner」の順で多い。その他、日記で話題にした言葉はそれなりに検索で引っかかっている。
  • 日記ではなく、専用ページに書いた話題が検索で引っかかることが多い。日記でアイデアを書き留めてある程度固まってきたら、専用ページに書き下ろすのが良さそう。
  • BTRON関係は全然引っかかってません。やはり、ユーザ人口が少ないBTRONで、かつプログラムに興味がある人はなかなかいないでしょうね。
  • リファラスパム、コメントスパムのノイズが多すぎて、アクセスが増えているのか減っているのかわかりません。困ったもんです。GoogleAdSenseのアクセス数で代用しようと思います。

_ 出身研究室でHaskellやっていることを知った

大学の時に所属していた研究室の卒業生で首都圏に来ている人たちと会って話をしました。そしたら話題の中でHaskellのことが出てきて、思わず反応してしまいました。さすが、阿草研というべきか。私の職場がいくら技術的にマニアックといってもHaskellは話になかなか出てきません。1人、学生の時にHaskellやっていたという人がいたくらいです。

相当久しぶりに研究室のWebページをみたところ、Haskellプログラミングチュートリアルというページを見つけました。これだけだと何の研究をやっているのかわからないですが、プログラムの静的検証のネタでしょうか?

Haskellは、今後10年後あたりに重要になってくると思っています。CPUのクロック数が頭打ちになって、コアの数を32,64,128とどんどん増やしていくのが普通になっていくと、細粒度の並列性をプログラムレベルから機械語まで保つことが重要になります。そうすると、Haskellのような並列に向く性質を持った言語でプログラムを書き、第5世代コンピュータのKL0のような並列性を保った中間コードにコンパイルし、実行環境のCPU数やキャッシュ量に合わせて最適化してネイティブコードに変換する、という手順になるのではないか、と勝手に想像しています。


2006-05-22

_ シリアルコンソールの代わりに「どのIPアドレスを使っても絶対に通信できるEtherポート」がつかえないか?

数日前の記事「アプライアンスを自作する時にLCDパネルを制御するにはLCDprocが使えそう」で、tach氏からシリアルコンソールがあるぞ、とツッコミが来ていました。それからシリアルコンソールについて少し考えてみました。

最近のノートパソコンはシリアルポートがないものがほとんどになってきました。USB-シリアルケーブルがありますが、いつでも手元にある訳ではありません。去年、必要に迫られて焦って買ったら、ドライバをインストールしないと動かないものを買ってしまってショックだったことがあります。

シリアルポートはあまりついていないのですが、ネットワークのEtherポートならほぼ漏れなくついています。これを活用する方法はないか、と考えました。シリアルコンソールが安全なのは、とりあえず挿せばIPアドレスがどうこう言わずに画面が見られるところです。Etherも同じようになれば良いと考えました。つまり、コンソールに使うパソコン側がどのようなIPアドレスであろうと、通信先のIPアドレスが何であろうと、かまわず応答してtelnetができる専用のEtherポートをサーバに準備しておくのです。こうすれば、ノートパソコンとEtherツイストケーブルのクロスがあればシリアルコンソール代わりに使えルようになります。

このアイデアはなかなか良い、と一人でほくそ笑んでいたりします。Linuxで実現可能か、調べてみよう。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ matobaa [XPort(r) �Ȥ��ʤ��Ǥ��礦��? http://www.lantronix.com/lang/jp/p..]

_ hidetosi [�����꤬���Τ��ꤽ�������ʤǤ��͡����ꥢ�륳�󥽡�������ˤϹ�餹���뤫�⡣���ʤ��Τ..]


2006-05-31

_ 百式 田口さんのR*PAD、電話で知らせてくれる版が作りたい気がした

百式の運営者である田口さんが新しくメールリマインダツールを公開しました。R*PADです。すごく単純なので、多くの人がすぐに使えると思います。私はすぐに完璧を目指してアプリを作りがちなので、見習いたいところ。

スケジュール、リマインダ関係は前から興味があって手を付けてはいるものの、中途半端でほかっている状態です。たとえば、Outlook(Exchange)とiCalendar(特にKO/PI)のシンクロナイズは、Outlookの全スケジュールを一度にiCalendarに出力するrubyプログラムまで作って放置してます。スケジュールのソフトを作る前に、自分の人生のスケジュールを考えた方が良さそうです。

今、仕事で成り行きで電話関係に足を突っ込みつつあります。特にAsteriskに。電話なんて興味がなく、レガシーだと思っている人間がやるのもどうかと思いますが。それはさておき、非常に優先度の高いタスクのリマインダはメールより電話をかけて来てほしいです。せっかくAsteriskをやっているのだから、電話でリマインダをするシステムを作ってみるのも面白いな、とR*PADを見て思ったのでした。