トップ 最新 追記

人徳ゼロ日記


2006-07-02

_ 「弁護士のくず」最終回にDJB銀行が出ていた気がする

ドラマの「弁護士のくず」の最終回をみていて気づいたこと。婚約破棄で訴えられた男が勤めていた銀行の名前が「DJB銀行」と聞こえた気がしてしょうがありません。

DJB銀行といえば、qmailの作者D. J. Bernsteinが銀行を作ったらどうなる?というネタを思い出します。「で、djb銀行とかどうよ?

こんなんで反応する人はあまりいないんだろうな。blog検索してみたら、ドラマのあらすじと感想を書いている人のページでDJB銀行の文字がありました。「D.D.のたわごと: 弁護士のくず12 PART2で会いましょう?!」。DJBと言っていたかどうかははっきりしませんが、似たような名前の銀行名だったのは事実でしょうね。

DJB銀行ではなく、DBJ銀行なら実在するみたいです。「日本政策投資銀行


2006-07-16

_ @niftyだとADSL Type2(NTT電話なし)ではIP電話サービスが受けられない

Asterisk実験用にIP電話サービス(@niftyフォン-C)を申し込もうと思ったところ、NTTアナログ電話がないADSL Type2だとなぜかIP電話サービスが申し込みできないとのこと。

多くのプロバイダでADSL Type2だとIP電話サービスが申し込みできないとなってます。DION, biglobe, FUSIONはType2でもOKになってましたが、いまさら回線ごとかえるのも無駄なので困ります。せっかくのIP電話なんだから、NTTと決別したいと思うのが普通じゃないのか?どうやら、電話局側のADSL装置の停電時給電からみだそうです。

IAXで裏IP電話網を構築したくなります。IAXならNAT超えもしやすいし、以外にサービスとして成り立つかも。