トップ 最新 追記

人徳ゼロ日記


2006-08-12

_ BMW C1を初めて見た

BMW C1BMWがかつて販売していた二輪車のC1を見かけました。直接見るのは初めてで、思わず写真を撮ってしまいました。

C1は見た目はただの屋根付きスクーターですが、設計思想が凄いです。自動車は大きい割にのっているのが1人だけであることが多く、環境負荷を考えるとかなり無駄です。C1は従来自動車に乗っていた人がより効率的な二輪車に乗り換えられるよう、二輪車の不満点を解消するような仕組みが入っています。

  • 二輪車は危険→ABS搭載。横倒しになっても体が地面に落ちないように、ボディーのサイドが固く作ってあり、運転手はシートベルトを締めて乗る用になっている。ヘルメットがあると頭が重くなって首を傷めやすいが、C1はヘルメットなしなので首を痛める可能性が減る(ヘルメットなしはEUのみ)。
  • 二輪車は雨の時は不快→屋根付きで雨にぬれない。
  • ヘルメットが邪魔、髪型が乱れる→ヘルメットなし(日本は法律上不可能)

BMWはヘルメットなしで乗れるように法改正で対応してくれる国しにか販売していないので、日本には正規販売はなく個人輸入しかありませんでした。写真のC1に乗っている人も並行輸入で購入し、ヘルメットありで乗っているのだと思います。

一時期、むちゃくちゃ欲しかったのですが、ドイツでも販売中止になってしまったのでもう乗れないですね。コンセプトが先を行き過ぎて受け入れなれなかったか……