トップ 最新 追記

人徳ゼロ日記


2008-06-23

_ N906iLの無線LAN機能は「ホームU」縛りがなさそう

今まで法人向けだった無線LANとFOMAのデュアル端末が、 N906iLで初めて個人に販売するようになったことで一つ気になっていたのが、 「ホームU」が外せるかどうかです。 月1000円のサービスですが、私としては既にひかり電話を引いているし、iモードで大量ダウンロードをする気もないので、不要なサービスです。むしろ、asteriskで遊ぶには自由に設定させてくれてほしいのですが、NTT系だとガチガチに設定が組み込まれていて自由にかえさせてもらえないのではないか、という疑念がありました。

ドコモのページに N906iLのマニュアル が公開になっていました。 WLAN(PDF)を見てみると、 特にホームU縛りがある訳ではなく、自由に無線LANもSIPも設定ができるようです。良かった。

ついでにホームUのマニュアル を見てみると、PPPoEでドコモにつないでいるように見えます。 ということは、ドコモ以外の無線LAN対応端末やソフトフォンでドコモの電話番号を受けることができるということ?(ちょっとこれは自信がない) 2008/6/27修正: 端末からIPsecでiモード網につないでいるそうです。ということで、ドコモ以外の端末からは難しいですね。


2008-06-22

_ 無線LANでIP電話  N906iLか、WILLCOM 03か

ここ1,2年、なぜか仕事でIP電話の周辺(そのものではない)をやっていたりするので、家でも技術遊びをしてみたいと思っていました。ひかり電話を導入していますが、端末はソフトフォンをVoIPルータ(PR-200NE)にレジスターして遊ぶくらいしかしていません。最近は携帯端末で無線LAN対応がでつつあるので、家で無線LAN電話を遊んでみたいと思っていました。

長年、DDIポケット→WillcomをつかってきたのでW-ZERO3はかなり興味があったのですが、初代はデカすぎ、[ES]は無線LANなし、Advanced[ES]は好きな色が全然出ない、というように手を出さずに来てしまいました。もうすぐ発売のWILLCOM 03は色もばっちりで物欲をそそります。IP電話もエイジフォン・モバイルで家のコードレス電話としても使えます。

一方ドコモからは、いままで法人用のみで個人に販売していなかったFOMAと無線LANのデュアル端末のN900iL, N902iLシリーズが、個人向けにも発売になりました。FOMA N906iL onefoneです。仕事では検証用にN900iLとN902iLは使いましたが、個人で買えるとなると俄然興味がわきます。既にN902iLではasteriskにレジスターできることもわかっていますし、遊び甲斐があります。

なんでまた一度に面白そうな端末がでるんでしょうかね。電話番号が変わらないならWILLCOM 03ですし、これを機会に世の中のケイタイサイトから迫害を受けてきたWillcomからメジャーなiモードを体験してみるのも1つだと思いますし、迷ってます。 前の上司がN906iLに変えると言っていたので、人柱になってもらってから選ぼうかな?

_ まだコメントスパムが来る

コメントスパム対策を強化したつもりでしたが、まだ書き込まれてしまうので、多少調整してみました。やっぱりこれでも防ぎきれないでしょうが、だいぶましになることを期待しましょう。


2008-06-21

_ コメントSPAM, トラックバックSPAM削除

長らく放置していた、コメントSPAMとトラックバックSPAMを削除しました。ようやくきれいになったのは良いけど、勢い余って普通のコメントまで一部削除してしまったよ。

ついでにtDiaryも最新にあげました。こういう作業も久しぶりで、やり方忘れてました。


2006-09-02

_ Xenで超漢字は動かなかった

昨日の続き。Xen3最新Unstableで超漢字4のインストールCDを動作させようとしてみました。残念ながら、起動画面で停止したままでインストールできませんでした。原因は調査していません。

VMware Playerが無料になったことですし、VMwareで動かせば問題ないのですが、試しにXenで動かしてみました。


2006-09-01

_ Xenの実験: Xen最新ソースとVT機能使って、domainUに対応してないOSが動いた

XenでFull Virtualizationを試したくなったので、6年ぶりくらいに自作マシンを作りました。Full Virtualizationなので、IntelでVT搭載のCPUか、AMDでPacifica搭載のCPUとなります。

3Dゲームのようなハイスペックは全くいらなくてXenが試したいだけなので、VTかPacifica搭載の中で出来るだけ安く上げたい。最初はAMDのほうが安いから、AMDになるとばかり思っていましたが、Linuxのドライバ対応具合も加味してさんざん検討した結果Core2Duo E6300と945Gマザー(ASUSTek P5LD2-VM SE)になりました。

まずは簡単にVTを試したいと思い、Xenoppixを動かしてみたところ、カーネルパニックで立ち上がりませんでした。Full Virtualizationは最新リリースXen3.02より後でもがんがん開発が進んでいるとの話を聞いていたので、最新Unstableソースで試すことにしました。

domain0に使うディストリビューションは、Linuxは使い慣れたDebianではなく、都合でCentOS4.3にしました。XenはMercurialという聞いたことのないソース管理システムを使っていたので、MercurialをまずインストールしてからXenのソースをダウンロードしました。XenのUnstableソースをコンパイルすると、自動でカーネルソースをダウンロードしてカーネルにパッチを当ててカーネルコンパイルが始まります。CentOS4.3で動いているカーネルとバージョンが違うけど、気にせずインストール。再起動すると、何事もないように起動して、VTも認識しました。

HVM domainには、なぜかNitixの体験版で試してみました。難なく起動して、普通に動作しました。コンソールはVNCでつなぐのですね。画面は不要なので、X Window Systemのインストールが必須でないこの方法の方が良いです。ちょっと使用した感触としては、パフォーマンス良さそう(マシンスペックが良いのもあるけど)。ベンチマークしてみたいです。

そのうち詳細レポート書く予定(未定)


2006-08-12

_ BMW C1を初めて見た

BMW C1BMWがかつて販売していた二輪車のC1を見かけました。直接見るのは初めてで、思わず写真を撮ってしまいました。

C1は見た目はただの屋根付きスクーターですが、設計思想が凄いです。自動車は大きい割にのっているのが1人だけであることが多く、環境負荷を考えるとかなり無駄です。C1は従来自動車に乗っていた人がより効率的な二輪車に乗り換えられるよう、二輪車の不満点を解消するような仕組みが入っています。

  • 二輪車は危険→ABS搭載。横倒しになっても体が地面に落ちないように、ボディーのサイドが固く作ってあり、運転手はシートベルトを締めて乗る用になっている。ヘルメットがあると頭が重くなって首を傷めやすいが、C1はヘルメットなしなので首を痛める可能性が減る(ヘルメットなしはEUのみ)。
  • 二輪車は雨の時は不快→屋根付きで雨にぬれない。
  • ヘルメットが邪魔、髪型が乱れる→ヘルメットなし(日本は法律上不可能)

BMWはヘルメットなしで乗れるように法改正で対応してくれる国しにか販売していないので、日本には正規販売はなく個人輸入しかありませんでした。写真のC1に乗っている人も並行輸入で購入し、ヘルメットありで乗っているのだと思います。

一時期、むちゃくちゃ欲しかったのですが、ドイツでも販売中止になってしまったのでもう乗れないですね。コンセプトが先を行き過ぎて受け入れなれなかったか……


2006-07-16

_ @niftyだとADSL Type2(NTT電話なし)ではIP電話サービスが受けられない

Asterisk実験用にIP電話サービス(@niftyフォン-C)を申し込もうと思ったところ、NTTアナログ電話がないADSL Type2だとなぜかIP電話サービスが申し込みできないとのこと。

多くのプロバイダでADSL Type2だとIP電話サービスが申し込みできないとなってます。DION, biglobe, FUSIONはType2でもOKになってましたが、いまさら回線ごとかえるのも無駄なので困ります。せっかくのIP電話なんだから、NTTと決別したいと思うのが普通じゃないのか?どうやら、電話局側のADSL装置の停電時給電からみだそうです。

IAXで裏IP電話網を構築したくなります。IAXならNAT超えもしやすいし、以外にサービスとして成り立つかも。


2006-07-02

_ 「弁護士のくず」最終回にDJB銀行が出ていた気がする

ドラマの「弁護士のくず」の最終回をみていて気づいたこと。婚約破棄で訴えられた男が勤めていた銀行の名前が「DJB銀行」と聞こえた気がしてしょうがありません。

DJB銀行といえば、qmailの作者D. J. Bernsteinが銀行を作ったらどうなる?というネタを思い出します。「で、djb銀行とかどうよ?

こんなんで反応する人はあまりいないんだろうな。blog検索してみたら、ドラマのあらすじと感想を書いている人のページでDJB銀行の文字がありました。「D.D.のたわごと: 弁護士のくず12 PART2で会いましょう?!」。DJBと言っていたかどうかははっきりしませんが、似たような名前の銀行名だったのは事実でしょうね。

DJB銀行ではなく、DBJ銀行なら実在するみたいです。「日本政策投資銀行


2006-06-05

_ オライリーのAsterisk本、買った

Asterisk—テレフォニーの未来 成り行きで仕事で触っているオープンソースPBXのAsteriskのこと。オライリーのAsterisk本の翻訳本がでました。Asterisk—テレフォニーの未来

050番号のIP電話サービスを契約して家でAsteriskを試そうかと計画中。Niftyをつかっているので@niftyフォン-Cになるのかな。電話を引いていないような所に、PBXをもってきても全く意味がないですが、音声応答で遊んでみようと思います。


2006-05-31

_ 百式 田口さんのR*PAD、電話で知らせてくれる版が作りたい気がした

百式の運営者である田口さんが新しくメールリマインダツールを公開しました。R*PADです。すごく単純なので、多くの人がすぐに使えると思います。私はすぐに完璧を目指してアプリを作りがちなので、見習いたいところ。

スケジュール、リマインダ関係は前から興味があって手を付けてはいるものの、中途半端でほかっている状態です。たとえば、Outlook(Exchange)とiCalendar(特にKO/PI)のシンクロナイズは、Outlookの全スケジュールを一度にiCalendarに出力するrubyプログラムまで作って放置してます。スケジュールのソフトを作る前に、自分の人生のスケジュールを考えた方が良さそうです。

今、仕事で成り行きで電話関係に足を突っ込みつつあります。特にAsteriskに。電話なんて興味がなく、レガシーだと思っている人間がやるのもどうかと思いますが。それはさておき、非常に優先度の高いタスクのリマインダはメールより電話をかけて来てほしいです。せっかくAsteriskをやっているのだから、電話でリマインダをするシステムを作ってみるのも面白いな、とR*PADを見て思ったのでした。