トップ 最新 追記

人徳ゼロ日記


2008-07-07

_ N906iLにした

前回の日記「WILLCOM 03とN906iLの比較」で迷っていた、 WILLCOM 03FOMA N906iL onefoneですが、 結局はN906iLにしました。

決め手は、大きな欠点(表の中の×)が少ないこと、思ったより月額使用料が高くならず、無料通話分も考えるとかえってドコモのほうが安くなることもありえること、の2点です。

さっそく、家の無線LANにつないで、ひかり電話のルータPR-200NEに子機としてレジスターしてみたところ、簡単につながりました。

これから、しばらくは無線LAN + SIPで遊ぶことになりそうです。

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

_ take [�Ϥ���ޤ��ơ������Υ����ȼ��餷�ޤ��� N906iL�ΤҤ������ûҵ����Ѥ˶�̣���..]

_ hidetosi [��ξ�硢�Ҥ������å롼����̵����ǽ��Ĥ��Ƥ��餺���̤�Buffalo��̵��AP��Ĥ��..]

_ take [���꤬�Ȥ��������ޤ��� ���Τ������˴��Ԥ������ĤĻ�Ժ������Ƥߤ褦�Ȼפ��ޤ..]


2008-07-08

_ 内線ごっこ

昨日の日記(N906iLにした)にあるように、N906iLを買って家の電話(ひかり電話)につなげて遊んでいます。

今までは、ひかり電話のルータPR-200NEにFAX複合機(カラー液晶ファクシミリ複合機 UX-MF50CL) をアナログで接続して使ってました。

N906iLをSIPの内線子機としてひかり電話のPR-200NEに登録して、内線ごっこをしてみました。FAX側にもコードレス子機(Not SIP)があるのですが、SIPの世界では1つに見えるようです。

通話、保留、転送自体は何の問題もなくできています。UX-MF50CLの電話帳の登録は、管理用WEB画面から最低限のエントリだけぽちぽちと登録しました。どうやら、SDメモリ経由ならvCard形式で一括インポート、エクスポートできるみたいですが、まだ試していません。意外と機能があるもんですね。

_ 電話帳の同期

常々思っているのが、世の中の固定電話機は電話帳機能がたいして活用できていないのがもったいない、ということです。携帯電話では電話帳のフル活用が当たり前なのに、固定電話は未だに番号表示すらしていない機器が多いです。 携帯電話、家電話、場合によっては会社電話を、相互に電話帳データを交換してしまうと、見せられない番号もあるでしょうから問題です。見せる範囲を制御しつつ、相互に交換というのは、実現しても操作が複雑になりすぎて現実的じゃないのでしょうね。そうすると、バラバラでもやむを得ない?

というよりは、人が使うのは携帯電話だけになって、家電話、会社電話共にただのミニ交換機になっているだけで良いのかもしれません。


2008-07-17

_ FAX複合機シャープUX-MF50CLの電話帳一括登録ではまった

先日の日記(内線ごっこ)で、家で使っているFAX複合機UX-MF50CLの電話帳について、「SDメモリ経由ならvCard形式で一括インポート、エクスポートできるみたいですが、まだ試していません」と書きましたが、一括登録機能の実験をしてみました。

今UX-MF50CLに入っている電話帳をSDメモリにエクスポートして、Mac OS Xのアドレスブックに取り込んだところ、問題なく読み込めました。編集してvCard形式でSDメモリにエクスポートし、UX-MF50CLに取り込もうとすると、画面上はうまくできたように見えたのですが、実際は既存の電話帳データが全部消えてなくなってしまいました。

実験をしてみると、以下の2点がわかりました。

  • ファイルの置き場所が限定されているようです。SDメモリの「/PRIVATE/SHARP/BACKUP/MFPADDR.DAT」にファイルをおく必要があります。ここ以外では、UX-MF50CL液晶画面上では読み込めたことになっていても実際は電話帳が全部消去になってしまいます。
  • Mac OS Xのアドレスブックの出力したvCardファイルは読み込めない。完全に無視されてしまいます。受け付けるフォーマットの条件が厳しいようで、UX-MF50CLが出力する形式と全く同じにしないと受け付けてもらえないようです。
BEGIN:VCARD
VERSION:2.1
N;CHARSET=SHIFT_JIS:時報
SOUND;X-IRMC-N;CHARSET=SHIFT_JIS:ジホウ
TEL:117
EMAIL:
END:VCARD

電話帳の一括取り込み機能は、本気で他の製品やソフトとデータの交換をすることは考えていなくて、とりあえず機能を作ったという程度なんでしょうね。


2008-07-21

_ 家庭で音声無線LANを使う価値

技術的興味を満たすためだけに、無線LAN対応の携帯電話N906iLを買ってひかり電話の子機として使ってます。(過去の日記: N906iLにした内線ごっこ) しばらく使ってみて気づいたことを書きます。

  • 家の電話はほとんど使わないので、無線LANで音声というのはそもそも無意味。かかってくるのは月に1回あるかないかなので、ひかり電話の基本料金500円/月+ナンバーディスプレイ400円/月は料金ほどの価値は薄いです。特に、ナンバーディスプレイで400円はむやみに高いですね。ほかのIP電話サービスなら標準でついていることも多いので、ひかり電話は割高感があります。まあ、わかっていて実験してるので良いですが。
  • 家の電話から外にかけることもほとんどない。携帯でかけるより安くなると考えれば使う価値がありそうなのですが、実際のところ、携帯の無料通話分がほとんど余っているのでこちらを使うために携帯電話を使ってしまいます。さらに、よくかける家族は「ファミ割MAX50」で無料になってしまっているので、携帯電話でかけたほうがお得になります。家の電話と携帯電話で無料通話分が融通できれば良いのですが、NTT系だとNTT法の壁で難しそうですね。KDDIかソフトバンクなら実現できそう。
  • ホームUの価値がわからない。家電話がない場合に、050番号がとれるのは良いかもしれませんが、月1000円だと他のIP電話サービスに比べても高いです。音声ではなく高速iモードと考えても、個人的にはiモードサイトはそれほど使っていなくて、別に動画を見る訳でもないので、単に無線LANでインターネットサイトを見ているので全く問題がありません。
  • 電池の持ちが悪い。N906iLを無線LANとFOMAのデュアルモードにしても、外出しているとほとんどが無線LANが圏外になってしまい、電池が減りやすく1日がぎりぎりです。結局外出するとFOMAの1面待ちに手動で切り替えてしまっています。で、家に帰っても2面待ちに切り替え忘れることが多々あり。パラメタ調整でもう少しましになりそうですが、減るのはさけられません。
  • 唯一良かったと感じたのが、通話音質の良さです。家にあるFAX複合機のUX-MF50CLにはコードレス子機(非IP)がついているのですが、この音質がかなりひどく、常にジジジとノイズが乗っていて音量が小さいため、相手の声が聞き取りにくい問題がありました。N906iLをひかり電話の子機として使うと、かなり音質が向上して、UX-MF50CLにくらべてはるかに話しやすいです。

こう考えると、家の電話ってホント不要ですね。家の電話をIP化するのは完全に趣味の世界です。


2008-07-22

_ T9入力は想像以上に便利に使える

過去の携帯電話では、味ぽんAH-J3002V(AirH" Phone購入)、洋ぽんWX310SA(洋ぽん白に変更した)を使ってきましたが、どちらもポケベル入力を愛用してきました。ボタン連射の入力はとても耐えられません。

今回、N906iLに変えても2タッチ(NECでのポケベル入力のこと)を使っていたのですが、以下の不満がありました。

  • 句読点を直接入力できず、いったん80を押して小文字モードにうつる必要がある。良く入力する文字が入れづらいのは大きな欠陥です。とりあえず、辞書に「ま→。」「て→、」を登録してなんとか回避してます。
  • ポケベル→アルファベット変換ができない。洋ぽんではアルファベットを「ボタンに書いてある文字+ボタン内の左からx番目」の2文字で入力できました。ポケベル入力でアルファベットを覚えていなかったので、アルファベットの入力はつらかったのですが、この変換があることでかなり楽に入れられるのは良かったです。N906iLではこの変換がないので、毎回通常入力に切り替えてからアルファベットを入れていますが面倒です。ポケベル入力でのアルファベットを覚えないといけないのか。

NECの端末にはT9という入力方法が搭載されているのですが、今までは無視していました。 私は過去に文字入力の仕組みをいろいろ調べていた時期があるのですが、その頃のT9は

  • 1つのキーに割り当てられている文字が3〜4のアルファベットだから成り立つのであって、日本語のように1つのキーに割り当てられている文字数が多く同音異字が多い言語では、候補が多くなりすぎて成り立たない。

という評判で、私も同感でした。日本語ならPOBoxだというのが評判で、たしかにPOBoxはすっかり定着して、類似品がどの携帯電話にも搭載されていますが、T9は日本ではさっぱり見かけませんでした。

ところが、N906iLに搭載されているT9を使ってみると、なかなかの出来で驚きました。

この手の予測をつかった入力方式は、辞書に入っている単語の場合はさくさく入力できるのですが、辞書にない場合は途端に入力に時間がかかってしまうのが大きな問題になります。T9の場合は辞書にない単語だと読みがむちゃくちゃになってしまうので、かなりつらいことになります。

N906iLのT9だと、予測が外れた場合の読みの修正が母音に当たる文字をポンポンポンと入力していけばできるので、想像以上に楽でした。予測が当たったときの入力の速さはかなりのものなので、これは使えると判断しました。

当面、T9を使っていく予定です。今だと、無意識にポケベル入力してしまいます。慣れというのは恐ろしい。

_ イレギュラーな文字の入力コストが鍵になる

文字入力の仕組みでは、辞書に入っていなくて変換できない文字を、いかに少ないコストで入力できるかが、鍵になってくると思います。

漢字直接入力では、入力できないまたは忘れてしまった文字を入れる方法として、交ぜ書き変換や部首変換がありますが、通常のかな漢字変換ではおまけ機能としてほとんど重要視されていません。携帯電話のように入力方法が大きく制限がある機器の場合、変換ミスや入力できない文字が増えてくるので顕著になると思います。

T9での読みの修正、ポケベル入力で文字の組み合わせがわからない場合の入力ガイド等もそうですが、「漢字ひらがな」と「アルファベット数字」が混ざった文でモード切り替えをなくす、記号類をワンタッチ/ツータッチでさくっと入力できる方法、などがあります。

そろそろまじめに携帯電話の文字入力の改善、機種間の統一を進めた方が良いように思います。どうしてもキャリヤ主導でないと進まないでしょうから、まだiPhoneの影響が少なくキャリヤ支配が続いている今のうちに、ドコモあたりが真剣に取り組んでくれるとうれしいものです。(他力本願)

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

_ �����ȥ��å��� [��ϥ��쥸�åȥ����ɤΥ���åԥ��Ȥ򸽶ⲽ���ơ�ʬ��ʧ���ˤ����ֺѤ��Ƥ����ˤǤ�����..]


2008-07-25

_ ひかり電話の子機としてN906iLを使う方法がNTT東のページに載っていた

ふと、NTT東日本のひかり電話のページを見たら、N906iLを子機として使う方法が載っているのを発見しました。

無線LAN対応携帯電話について

私みたいに勝手にレジスターするのではなくて、公式にサポートするのですね。NTTはドコモと東西で協力ができないから、こういう微妙な連携のみになってしまうのでしょう。ホームUの050番号と思いっきり競合してしまってますからね。

家電話にかかってきた電話を携帯電話にボイスワープで転送するときに、電話転送の通話料負担がないのであればかなり良いのですが、転送の通話料がかかってしまうのであまり意味がないです。

あと、無料通話分の融通ができれば相当に良いのですがね。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

_ �ҥ� [���������������ʣ�������ˣңԡݣ������ˣɤΥСݥ���󥢥åפ�ͭ�ꤵ�ä����գФ�..]